マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

マカオ、4月のカジノ売上対前年96.8%減の約102億円…新型コロナ防疫対策強化によるインバウンド旅客減響く=1〜4月累計では7割減

2020/05/01 13:13

 マカオ政府博彩監察協調局(DICJ)は5月1日、今年(2020年)4月のマカオの月次カジノ売上(Gross Gaming Revenue=GGR)について、前年同月から96.8%減、前月から85.7%減となる7.54億マカオパタカ(日本円換算:約102億円)だったとする最新統計を公表した。

>> 続きを読む

マカオカジノ運営6陣営の19年通期業績出揃う…純利益合計約5500億円超

2020/04/30 13:30

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
 マカオカジノ規制当局にあたるDICJ(政府博彩監察協調局)公表資料によれば、昨年通期(2019年1〜12月)のカジノ売上(Gross Gaming Revenue=GGR)は前年から3.4%減の2924.55億マカオパタカ(日本円換算:約3兆9060億円)だった。

>> 続きを読む

マカオの20年1〜3月累計カジノ税収37.6%減の約2479億円…新型コロナ影響

2020/04/21 16:10

 このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支データによれば、今年(2020年)1〜3月累計の歳入は前年同時期から39.1%減の207億1215.3万マカオパタカ(日本円換算:約2779億円)で、年度(1〜12月)予算執行率は17.7%だった。

>> 続きを読む

マカオ、国際カジノ見本市「G2Eアジア2020」開催時期が再延期に…12月1〜3日予定=新型コロナ影響

2020/04/17 13:42

「G2Eアジア2019」エキジビション会場イメージ=2019年5月21日、ザ・ヴェネチアン・マカオにて本紙撮影
 毎年5月にマカオで開催されるアジア最大規模の国際カジノ見本市「G2E(グローバル・ゲーミング・エキスポ)アジア」。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によってマカオを含むアジアのカジノ業界も苦戦を強いられる中、14回目となる「G2Eアジア2020」の開催時期にも影響が及んでいる。

>> 続きを読む

マカオ、今年第1四半期の総ギャンブル売上6割減の約4000億円にとどまる…新型コロナ影響深刻

2020/04/17 11:19

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
 豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実はマカオには競馬、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ民間事業者によって運営されている。

>> 続きを読む

マカオのカジノ運営6社キャッシュフロー潤沢…売上ゼロでも1〜6年程度持続可能=大手金融機関見込み

2020/04/07 12:53

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
 マカオ政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策のため、1月下旬から水際対策を次々と強化して臨んでいる。これに伴い、インバウンド旅客数は激減。マカオ経済の屋台骨となるカジノ業界についても、大きなマイナス影響が及んでいる。

>> 続きを読む

マカオ経済財政長官、新型コロナの影響によるカジノ売上調整は「想定の範囲内」… 1〜3月累計6割減

2020/04/03 15:32

 マカオ政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策のため、1月下旬から水際対策を次々と強化して臨んでいる。これに伴い、インバウンド旅客数は激減。国際観光都市にとって試練の時期が続く。

>> 続きを読む

マカオ、3月のカジノ売上対前年8割減の約714億円…新型コロナ防疫対策によるインバウンド旅客減響く=1〜3月累計では6割減

2020/04/01 13:39

 マカオ政府博彩監察協調局(DICJ)は4月1日、今年(2020年)3月のマカオの月次カジノ売上(Gross Gaming Revenue=GGR)について、前年同月から79.7%減、前月から69.4%増となる52.57億マカオパタカ(日本円換算:約714億円)だったとする最新統計を公表した。

>> 続きを読む

マカオのカジノ再開から1ヶ月…稼働テーブル数8割まで回復=新型コロナ防疫対策は継続

2020/03/19 11:17

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行でマカオのカジノ業界も大きなダメージを受けている。

>> 続きを読む

マカオのカジノ施設ほぼ再開も防疫対策で稼働テーブル数は半数以下…新型コロナ影響続く

2020/03/10 10:40

 新型コロナウイルス感染症の流行によって、マカオのカジノも大きなダメージを受けている。防疫対策の一環として2月5日から19日までの15日間にわたって全カジノ施設が休業したことに加え、年間最大の書き入れ時となる春節(旧正月)ゴールデンウィークを含む1月下旬から現在に至るまで中国本土ほか流行国・地域からの入境制限が実施されている。カジノは再開したものの、インバウンド旅客は激減したままで、カジノ売上は低迷が続く。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース