マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

ディーラーが仕事中にチップ盗む「金に困ってやった」=マカオ・コタイ地区のカジノ

2015/01/16 14:27

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影
マカオ司法警察局は1月15日、勤務先のカジノから仕事中に額面2万香港ドル(日本円換算:約31万円)のゲーミング(カジノ)チップを盗んだとして、ディーラー職の39歳の女を業務上横領の疑いで逮捕した。

>> 続きを読む

マカオ人に対するカジノ入場禁止令は「デマ」=マカオ当局が声明

2015/01/16 12:58

カジノ入口に掲出されている入場規制に関する案内(資料写真)=マカオ・コタイ地区ー本紙撮影
インターネットなどを通じて「マカオ政府が遅くとも2016年までにマカオ人(マカオ居留権保有者)のカジノ入場禁止令を出す」との情報が広がっている件に関し、カジノ行政を管轄する博彩監察協調局は1月15日、「事実に反する完全なデマだ」とする声明を発表した。

>> 続きを読む

マカオのカジノテーブル台数1割増へ=今年下半期、大型IR施設の相次ぐ開業で

2015/01/14 15:28

今年(2015年)中頃の開業を予定しているマカオ・コタイ地区の大型IR施設「マカオスタジオシティ」の完成予想イメージ=2015年1月15日(写真:Melco Crown Entertainment Limited)
マカオのカジノ売上が昨年(2014年)6月以来、7ヶ月連続前年割れとなっている。今年(2015年)上半期についても、劇的なプラス要因がないことから、マカオ政府とカジノ運営企業はいずれも今年上半期いっぱいまで停滞が続くと見込んでいる。

>> 続きを読む

マカオの1月カジノ売上、前年割れ継続も若干良化へ=金融機関見通し

2015/01/14 08:54

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本紙撮影
マカオのカジノ売上が昨年(2014年)6月以来、7ヶ月連続前年割れとなり、マカオ政府とカジノ運営企業はいずれも今年上半期まで停滞が続くと見込んでいる。シティバンクでは、今月(1月)のカジノ売上について、前年割れには変わりないものの、事前見通しを若干上回るペースで進捗していることを明らかにした。

>> 続きを読む

カジノはIR施設の牽引役=マカオカジノ大手MCEのローレンス・ホー共同会長兼CEO

2015/01/13 22:11

メルコ・クラウン・エンターテイメント社のローレンス・ホー共同会長兼CEO。背景は「スタジオシティマカオ」の完成予想イメージ=1月12日(写真:Melco Crown Entertainment Limited)
マカオ・コタイ地区で大型IR(統合型リゾート)施設「シティ・オブ・ドリームズ」を運営するメルコ・クラウン・エンターテイメント社(以下、MCE)のローレンス・ホー共同会長兼CEOは1月12日に地元メディアの取材に応じた際、特色あるIR施設を建設するには、カジノの存在が不可欠との認識を明らかにした。

>> 続きを読む

マカオ人の3割強「カジノ絶対行かない」=台湾・実践大学調査

2015/01/09 19:11

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本紙撮影
台湾の実践大学がマカオ人を対象に実施したゲーミング産業に対する意識調査で、およそ34%が「賭博目的でカジノに行くことは絶対にない」と回答したことがわかった。マカオの月刊英字経済誌「マカオビジネス」が1月8日電子版で報じた。

>> 続きを読む

マカオの1月カジノ売上13-17%減の3580-3730億円=地元調査機関予測

2015/01/07 16:28

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影
マカオの調査機関、ユニオン・ゲーミング・リサーチ・マカオが今年1月のマカオの月間カジノ売上を前年同月比13-17%減となる240-250億パタカ(日本円換算:3580-3730億円)になるとの見通しを発表した。

>> 続きを読む

マカオのカジノ売上、今後2年間マイナス続く=モルガン・スタンレー見通し

2015/01/07 08:40

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本紙撮影
昨年(2014年)のマカオのカジノ売上が前年比2.6%減の3515億2100万パタカ(日本円換算:約5兆2500億円)となり、2002年のカジノライセンスの対外開放以降初めて前年割れとなった。

>> 続きを読む

SJMがシェア首位を維持もトップ3は僅差=14年マカオのカジノ市場

2015/01/06 09:08

マカオ半島の中心部に位置するSJMホールディングスの旗艦施設「グランドリスボア」(資料)—本紙撮影
昨年(2014年)のマカオのカジノ売上は3515億2100万パタカ(日本円換算:約5兆2500億円)だった。マカオにはカジノ経営権(サブライセンス方式含む)を持つ企業が6社あるが、SJMホールディングスが売上の約23%を占め、シェア首位だったという。マカオの月刊英字経済誌「マカオビジネス」が1月5日付電子版で、ポルトガルのルーザ通信社電を引用して伝えた。

>> 続きを読む

マカオのカジノ売上急減速、回復は今年下半期以降か=金融機関見通し

2015/01/04 17:28

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影
昨年(2014年)のマカオのカジノ売上が前年比2.6%減の3515億2100万パタカ(日本円換算:約5兆2500億円)となり、2002年のカジノライセンスの対外開放以降初めて前年割れとなった。昨年1月から5月までは前年を上回る勢いだったが、6月以降、7ヶ月連続で下落しており、マイナス基調がいつまで続くのかに注目が集まっている。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年1月25日発刊 (2月号 vol.080」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース