マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

いかさま行為のカジノ会計係逮捕、現金券の額面を操作―マカオ

2014/10/21 08:14

現金券(キャッシュバウチャー)イメージ(写真は記事の内容無関係)―本紙撮影
マカオ司法警察局は10月20日、スロットマシンの払出金を印刷した現金券と呼ばれるキャッシュバウチャーの額面を操作した疑いで25歳のカジノ会計係の女を逮捕、送検したことを明らかにした。この現金券は共犯者によってすでに現金化されたという。

>> 続きを読む

マカオの喫煙所設置カジノ6軒増え計18軒に-10月17日時点

2014/10/19 08:29

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影
10月6日午前0時からマカオのカジノのマスゲーミングフロア(平場)の全面禁煙化が始まった。マカオ政府衛生局が10月17日に公表した資料によると、10月17日までに平場の禁煙エリアにおける違法喫煙の検挙者は28人おり、そのうち22人が域外からの観光客、6名がマカオ市民だったという。

>> 続きを読む

マカオ居民のギャンブル依存症率0.9%まで下がる―2013年調査

2014/10/17 12:16

マカオのカジノ入口などで配布されているレスポンシブル・ゲーミング関連の印刷物(資料)―本紙撮影
10月16日、マカオ政府博彩監察協調局、社会工作局、マカオ大学ゲーミング研究所が2009年から毎年一度実施している「レスポンシブルゲーミングプロモーションウィーク2014」が開幕した。

>> 続きを読む

台湾人の男女、スロットからクレジット盗む―マカオのカジノ

2014/10/17 11:03

マカオ司法警察局は10月16日、マカオ半島中区のカジノで中国本土出身の男性客ががプレイしていたスロットマシンから36,010香港ドル(日本円換算:約493,508円)分のクレジットを盗んだ疑いで台湾出身の男女2名を逮捕したことを明らかにした。

>> 続きを読む

チップ交換詐欺で中国本土出身の男女4人逮捕、2倍にすると勧誘―マカオ

2014/10/16 11:29

カジノチップとバカラのゲーミングテーブル(資料)—本紙撮影
マカオ司法警察局は10月15日、カジノを訪れていた客に28万香港ドル(日本円換算:約383万円)の現金で2倍にあたるチップと交換すると勧誘し、現金を詐取した疑いで中国本土出身の詐欺グループの男女4名を逮捕した。

>> 続きを読む

マカオの喫煙所設置カジノ5軒増え計17軒に-10月10日時点

2014/10/11 07:35

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影
10月6日午前0時からマカオのカジノのマスゲーミングフロア(平場)の全面禁煙化が始まった。マカオ政府衛生局によると、10月10日午後5時までに平場の禁煙エリアにおける違法喫煙の検挙者は14人おり、そのうち12人が域外からの観光客、2名がマカオ市民だったという。

>> 続きを読む

カジノチップ仲介の男、顧客から80万香港ドル詐取―マカオ

2014/10/07 09:34

カジノチップとバカラのゲーミングテーブル(資料)—本紙撮影
マカオ司法警察局は10月1日、カジノで勝った顧客から預かった80万ドル(日本円換算:約1,120万円)の現金を詐取した疑いで、中国本土出身のカジノチップ仲介の男を逮捕した。被害者が偶然カジノ内で容疑者を発見し、警察へ突き出した。

>> 続きを読む

平場カジノ禁煙化初日、半数以上の喫煙所が設置が間に合わず―マカオ

2014/10/07 09:11

衛生局による巡回活動の様子。写真はイメージ(写真:衛生局)
今年(2014年)10月6日からマカオのカジノではマスゲーミングフロア(平場)の全面禁煙化がスタートした。フロア内に喫煙所を設置することが認められているが、マカオ政府衛生局によると、工事や認可の遅れにより、初日から稼働できた喫煙所の数は12施設内の28か所で、申請のあった62か所の半数以下にとどまる。

>> 続きを読む

マカオの9月カジノ売上11.7%減―4ヶ月連続前年割れ、下げ幅拡大

2014/10/06 14:50

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本紙撮影
マカオ政府博彩監察協調局は10月6日、今年(2014年)9月の月間カジノ売上が前年同月比11.7%減となる255.64億パタカ(日本円換算:約3,477億円)だったことを発表。月次では約5年ぶりの前年割れとなった今年6月以降4ヶ月連続の前年割れで、9月の下げ幅が最も大きかった。

>> 続きを読む

VIPルーム正念場、カジノ直営ハイリミットエリアとの競争も激化—マカオ

2014/10/06 10:15

カジノチップとバカラのゲーミングテーブル(資料)—本紙撮影
10月1日から約1週間続く国慶節の大型連休も後半を迎えている。あるゲーミング関係者によると、連休中のVIPカジノの売上は事前予想通りのごく一般的な水準という。ただし、中国本土経済が好転せず、第三国ビザを利用したトランジット制度を利用したマカオ滞在時間の短縮などの影響もあり、今後の見通しも楽観的とはいえないようだ。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース