マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

日本企業対象のカジノ機器OEMコンサルタント会社がマカオに発足

2014/11/25 10:15

カジノ施設が建ち並ぶマカオ半島新口岸エリアの町並み(資料)—本紙撮影
米国に本社を置くZANN GROUP(OTC米国店頭公開、本社:ネバタ州ラスベガス)マカオオフィスが、日本・台湾・韓国のゲーミング・アミューズメント機器開発会社と提携し、カジノ産業に参入を検討している日本企業を対象に、カジノマシンOEMコンサルタントを開始すると発表した。本紙の取材に対し、正式なスタートは、2015年1月の予定だが、すでに日本企業数十社からの問い合わせがあるとしている。

>> 続きを読む

アフリカ三国がカジノ合法化に関心 マカオ政府がノウハウ提供へ=アンゴラ、カーボベルデ、モザンビーク

2014/11/24 16:28

モザンビークは今年10月、マカオに総領事館を開設したばかり。写真は開設式典の様子(写真:GCS 新聞局)
中国・ポルトガル語圏諸国経済貿易協力フォーラム(中國-葡語國家經貿合作論壇)常設事務局のリタ・サントス事務次長は11月24日、アフリカのアンゴラ、カーボベルデ、モザンビークがカジノ合法化を検討していることを受け、マカオ政府がカジノ監察モデルや税制などに関するノウハウ提供などを通じたサポートを実施する考えがあることを明らかにした。三国及びマカオはいずれも旧ポルトガル植民地で、ポルトガル語を公用語としている。

>> 続きを読む

カジノ従業員向けギャンブル依存症対策センター新設を計画=マカオ政府、来年オープン目指す

2014/11/24 12:48

マカオのカジノ入口などで配布されているレスポンシブル・ゲーミング関連の印刷物(資料)―本紙撮影
マカオのゲーミング(カジノ)産業が急速に発展を遂げる中、ギャンブル依存症が社会的関心事となっている。マカオ政府で社会福祉行政を管轄する社会工作局の胡綺梅コーディネーターは、現在、マカオ市民のおよそ1万3千人がギャンブル依存の状態にあると指摘する。

>> 続きを読む

貸付総額75億円 マカオ返還後最大のカジノ高利貸集団主犯格に懲役6年の実刑判決

2014/11/23 09:51

カジノチップとバカラのゲーミングテーブル(資料)—本紙撮影
1999年にポルトガルから中国へ返還されて以来、マカオ最大となるカジノ高利貸事件の初級法院での裁判が11月22日に結審した。この事件は、マカオの高利貸グループが14年前から黒社会(反社会的集団)を背景に持つ商人を操り、貸付け、利息及び元本の回収、債権者の監禁、債権者の追跡などを行っていたとされるもので、貸出総額は5億パタカ(日本円換算:約75億円)に上る。

>> 続きを読む

台湾・マカオ連合でグルジア首都に新カジノ フィリッチとメルコインターナショナル

2014/11/21 08:36

メルコ・クラウン・エンターテイメント社が運営する大型カジノIR(統合型リゾート)施設「シティオブドリームズマカオ」(資料)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影
台湾の電子システム及びゲーミング関連機器機器製造企業フィリッチ(伍豐科技)が、西アジア北端に位置するグルジア(ジョージア)の首都トビリシに新カジノ建設を計画しているエクスプレス・ウェルス・エンタープライズ(Express Wealth Enterprise、以下EW社)株の31.6%を6.9億台湾ドル(日本円換算:約26億円)で取得することを発表。11月21日付マカオ有力紙「澳門日報」が台湾・中央社電を引用して伝えた。

>> 続きを読む

カジノディーラーが無人のテーブルからチップ盗む マカオ・コタイ地区

2014/11/19 09:04

ルーレットのゲーミングテーブル(イメージ)—本紙撮影
マカオ司法警察局は11月15日、勤務先のマカオ・コタイ地区のカジノから5万香港ドル(日本円換算:約75万円)相当のゲーミング(カジノ)チップを盗んだ疑いで、同カジノに務める49歳のディーラー職の女、譚(タン)を逮捕したことを明らかにした。

>> 続きを読む

日本勢存在感 国際カジノ見本市 マカオゲーミングショー開幕

2014/11/18 21:27

LTゲームのライブマルチゲーミング(LMG)システム(資料)—本紙撮影
マカオ・コタイ地区の大型IR(統合型リゾート)施設、ヴェネチアンマカオ内にあるコタイエキスポホールで11月18日、国際カジノ見本市「マカオゲーミングショー2014(MGS2014)」が開幕した。MGSは地元マカオのゲーミングエクイップメントマニュファクチャラーズアソシエーション(澳門娯樂設備廠商會)の主催で昨年スタートし、今回が2回目の開催となる。会期は20日までの3日間。

>> 続きを読む

中国・貴州省出身の三人組、カジノ広報部社員を恐喝—マカオ

2014/11/11 10:53

カジノ広報部員を恐喝した疑いで逮捕、起訴された中国・貴州省出身の3人の男(写真:司法警察局)
マカオ司法警察局は11月10日、マカオ・新口岸地区にあるカジノの広報部に勤める20代の男性社員から現金約10万香港ドル(日本円換算:約144万円)を脅し取ったとして、中国・貴州省出身の自称カジノチップ仲介人の28〜34歳の男ら3人、いずれも姓は揚(ヤン)を恐喝、集団犯罪などの疑いで逮捕、送検したことを明らかにした。

>> 続きを読む

富裕層顧客減でカジノVIPルームの統廃合進む見通し—マカオ

2014/11/06 12:33

カジノチップとバカラのゲーミングテーブル(資料)—本紙撮影
マカオの今年(2014年)10月の月次カジノ売上が対前年23%減となり、5ヶ月連続の前年割れとなった。この結果を受けて大手投資銀行が発表したレポートでも、第4季にかけてもVIPカジノ部門の正念場は続き、VIPルームを運営する一部仲介業者がゲーミングテーブルをクローズするだろうと予想している。地元有力紙「澳門日報」が報じた。

>> 続きを読む

カジノゲームに熱中する客を狙ったチップ両替詐欺、中国籍の男を逮捕ーマカオ

2014/11/05 10:03

カジノチップとバカラのゲーミングテーブル(資料)—本紙撮影
11月2日午後5時頃、中国本土からマカオを訪れていた23歳の男性客がマカオ半島新口岸地区にあるカジノでテーブルゲームをしていたところ、背後にいた男が突然ゲーミングテーブル上に現金を置き、3万香港ドル(日本円換算:約44万円)分のゲーミングチップに両替してくれと持ち掛けたという。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース