マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

偽チップ集団メンバー2人逮捕—被害総額19万香港ドル超

04/08 09:09

事件の舞台となったコタイ地区のカジノ—本紙撮影
マカオのカジノ産業が右肩上がりの発展を遂げ、つい先日にも第1四半期のカジノ売上が1000億パタカを超えたと発表された。そんな中、マカオで違法に荒稼ぎしようとする者もいる。中国本土と香港のメンバーからなる偽ゲーミングチップ集団11名が先週末の清明節連休中にマカオを訪れ、200枚の精巧な偽チップをマカオで使用していたという。

>> 続きを読む

マカオカジノ企業、今後3年で4万人雇用創出

04/03 09:51

メルコクラウンエンタテインメントのローレンス・ホーCEO(City of Dreams)
シティ・オブ・ドリームズなどを傘下に持つマカオのカジノリゾート大手メルコ・クラウン・エンターテインメントのローレンス・ホーCEOが外国メディアのインタビューの中でコタイ地区の新施設、スタジオ・シティの雇用計画が8,000人であることを明かした。史上最良の失業率という環境の中、給与や奨学金などの好待遇で人材獲得を図りたい考えを示した。

>> 続きを読む

3月カジノ売上13.1%増、第1季累計1,021億パタカ

04/02 10:02

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本紙撮影
マカオ政府博彩監察協調局は4月1日、2014年3月の月間カジノ売上が前年同月比13.1%増となる354.53億パタカ(日本円換算:約4,612億円)だったと発表。2月に記録した単月過去最高金額の380億パタカには及ばなかったが、第1四半期累計のカジノ売上は前年同期比19.8%増で大台に乗せる1,021億パタカ(同:約1兆3千億円)となった。

>> 続きを読む

16年旧正月開業、観光名所化目指す―ウィンパレス

04/02 09:48

ウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長(写真提供:Wynn Resorts)
ウィンマカオがコタイ地区で開発を進めるウィンパレスの建設工事が本格化する中、米ウィンリゾーツのスティーブ・ウィン会長は開業時期を2016年旧正月に予定し、施設そのものを観光名所化したい意向を語った。

>> 続きを読む

大阪・松井知事のカジノ誘致構想報道へのマカオの反応

01/23 21:12

1月22日に外電で報じられた大阪府・松井一郎知事のインタビュー記事について、マカオメディアでも盛んに報じられた。日本では現時点で法制化が実現しておらず、マカオ企業の名前が出なかったことから、静観する見方が多かった。

>> 続きを読む

ウィンリゾーツ社によるコタイ進出計画承認

05/03 16:45

マカオ特区政府は2日、ウィンリゾーツ(マカオ)社(以下、ウィンリゾーツ社)がコタイ地区に計画している新リゾート建設計画を承認したことを政府公報に掲載。マカオ国際空港、マカオドーム、シティ・オブ・ドリームズに囲まれた約205,000平米の区画。

>> 続きを読む

75 / 75« 先頭...102030...7172737475

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース