フラミンゴがやってきた―石排灣郊野公園

(2012/12/22 15:34 配信)

観光

マカオジャイアントパビリオンのあるコロアン島の石排灣郊野公園。実はジャイアントパンダだけではなく、他にも数多くの動物や鳥類が飼育されている。今月20日、新たにフラミンゴの展示がはじまった。

民政総署は今年9月から11月にかけて香港海洋公園からアフリカフラミンゴやショウジョウトキなど9種類168羽の鳥類を譲り受けた。今後、新展示施設の建設による希少動物の誘致も準備中という。また、各地の動物園との協力による動物、鳥類の交換や引き受けも計画しており、石排灣郊野公園を魅力ある環境教育拠点、レジャースポットとして充実を図りたい考え。

石排灣郊野公園内の施設のうち、ジャイアントパンダパビリオンを除くその他の動物、鳥類展示ゾーンは無料で見学できる。

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載