小売業新年好発進―鉄道開通効果ある

(2013/01/03 10:02 配信)

産業・経済

今年、中国本土は元旦から三連休となったことに加え、広珠都市間鉄道(廣珠城際鐡路)の開通効果もあり、マカオの主要観光地周辺の小売店、レストランには多くの中国本土からの観光客が詰めかけたという。売上面では新年好発進となったようだ。

地元テレビ局「TDM」は2日、聖ポール天主堂跡周辺の土産店、レストラン関係者の話を引用して報じた。マカオ随一の観光名所といえる周辺一帯には元旦から多くの中国本土観光客が押し寄せているといい、売上は平日と比較して20~30%増という。多くの商店主が広珠都市間鉄道の開通効果があったとし、今後、中国各都市へのマカオ訪問ビザ発給緩和に期待を示した。

一方で、原材料費、家賃の上昇も続いており、現時点で小売価格に転嫁できていない現状もあるという。さらに、恒常的な人材難もあり、従業員給与を上げる必要から人件費負担も増加の一途。マカオでは元旦など一部の法定休日の出勤に伴う従業員への手当支給が義務付けられているため、特別サービス料として3~5割増しの休日特別料金を設定したり、休業を余儀なくされる小売店も出てきている状況。

マカオ随一の観光名所「聖ポール天主堂跡」(資料)―本紙撮影

マカオ随一の観光名所「聖ポール天主堂跡」(資料)―本紙撮影

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載