レッサーパンダ、年内にもマカオへ=コロアン島・石排灣郊野公園で飼育・展示

(2016/06/06 08:10 配信)

観光

マカオ政府は、稀少動物レッサーパンダのコロアン島・石排灣郊野公園への誘致計画を進めている。園内に昨年(2015年)秋までに展示・飼育施設が完成しており、あとは「主役」の到着を待つばかりだ。

マカオの日刊紙澳門日報が6月4日付紙面で報じた内容によると、施設を管轄する政府民政総署管理委員会の梁冠峰委員は同月3日、中国本土の関係機関との協議書にサインしており、年内に少なくとも1組のつがいがマカオへやって来る予定であることを明かした。

なお、具体的な時期については、レッサーパンダが寒冷地に生息していることから、気温が高くなる夏を避け、比較的涼しい第4四半期(10〜12月)を想定しているとのこと。それまでの間、飼育スタッフのトレーニングなどの準備を行っていくとした。

今回のレッサーパンダの誘致が実現すれば、マカオでは初めてのケースとなる。石排灣郊野公園内にはマカオジャイアントパンダパビリオンがあり、オスのカイカイ、メスのシンシンのつがいが飼育・展示されている。

マカオ政府では孫悟空のモデルとなったとされるキンシコウを誘致する計画も明らかにしているが、こちらについてはレッサーパンダがマカオに到着した後、中国本土の関係機関との折衝を進める考えとのこと。

コロアン島の石排灣郊野公園(資料)—本紙撮影

コロアン島の石排灣郊野公園(資料)—本紙撮影

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載