マカオLRT鉄道、石排灣支線の準備工事開始へ…タイパ線から分岐しコロアン島北部へ至る路線

(2018/08/07 11:05 配信)

産業・経済

マカオ政府運輸インフラオフィス(GIT)は8月7日、同月8日からマカオ新交通システム(マカオLRT)石排灣支線の準備工事に着手すると発表した。

石排灣支線は2019年内の開業を予定しているタイパ線の蓮花口岸駅から分岐してコロアン島北部の石排灣地区へ至る路線。今回の準備工事には、乗り換え駅の基礎及び主体構造工事、臨時道路の敷設、建設現場事務所の設営などが含まれ、工期は293日を予定しているとのこと。

なお、工事に伴い、マカオ国際カーティングサーキット周辺の幹線道路で約160日間にわたって車線減少などの交通規制が予定されている。

マカオLRT石排灣支線準備工事開始に伴い交通規制が予定されているタイパ・コロアン・コーズウェイ(写真:GIT)

マカオLRT石排灣支線準備工事開始に伴い交通規制が予定されているタイパ・コロアン・コーズウェイ(写真:GIT)

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載