マカオで日系ペルー料理ワークショップ開催…世界で高い評価を受けるリマの高級店「Maido」のミツハル・ツムラ料理長がレクチャー

(2019/02/24 10:28 配信)

澳日関係

このほど、マカオの公立観光専門学校マカオ旅遊学院(IFT)がペルーの日系人シェフ、ミツハル・ツムラ(津村光晴)氏を招聘し、日系ペルー料理ワークショップを開催した。

ツムラ氏は「世界のベストレストラン50」で7位(2018年)、「ラテンアメリカのベストレストラン50」で2年連続(2017〜18年)1位にランクインするなど、世界的に高い評価を受けるペルー・リマの高級店「Maido(マイド)」の料理長で、2018年2月にオープンしたマカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)MGMコタイのペルー日系フュージョン料理レストラン「雅吉(アジ)」の顧問も務めるほか、日系ペルー料理に関する書籍『Nikkei es Peru』の編集にも携わったという。

今回のワークショップでは、クッキングマネジメント学を専攻する学生らに対し、日系ペルー料理のバックグラウンド、特徴的な食材、調理法などについて、実演を交えてレクチャーが行われたとのこと。

ツムラ氏はワークショップ終了後、マカオ料理と日系ペルー料理は長い歴史の中で異なる文化が融合して育まれたところに共通点があるとし、マカオの学生らに向けて創造性と誇りを持ってマカオ料理の発展に尽くしてほしいと激励した。

日系ペルー料理ワークショップで実演講義を行うミツハル・ツムラ氏(写真:IFT)

日系ペルー料理ワークショップで実演講義を行うミツハル・ツムラ氏(写真:IFT)

澳日関係

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載