マカオ省エネウィーク始まる…IR施設などライトアップ1時間消灯

(2019/06/11 09:44 配信)

社会・政治

マカオ政府が主催する年に一度の「マカオ省エネウィーク」が6月9日から15日にわたって開催されている。

6月10日夜には、省エネキャンペーンの一環として午後8時30分から1時間の消灯を実施するイベントが行われ、政府関連施設をはじめ、カジノIR(統合型リゾート)施設や観光スポットのライトアップなどが一斉に消された。このほか、マカオ半島とタイパ島を結ぶ3本の大橋のライトアップについては、期間中毎日午後11時で消灯されるとのこと。

期間中、市民の省エネ意識向上を図る様々な取り組みが実施される。

省エネキャンペーンの一環として実施された1時間の消灯イベント。上が消灯前、下が消灯中=マカオ・コタイ地区(写真:GCS)

省エネキャンペーンの一環として実施された1時間の消灯イベント。上が消灯前、下が消灯中=マカオ・コタイ地区(写真:GCS)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載