「港珠澳大橋」開通1周年…マカオ側イミグレーション経由の出入境者数は累計1300万人超

(2019/10/25 10:24 配信)

珠江デルタ

 中国が国家プロジェクトとして推進してきた香港と珠海(広東省)、マカオの三地をY字型につなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」が10月24日午前9時に正式開通してから丸1年が経過した。

 マカオ治安警察局は10月24日、港珠澳大橋開通満1周年にあたり、大橋のマカオ側イミグレーション経由の出入境旅客統計を公表。

 同局によれば、大橋を利用するマカオ市民と旅客の数は増加が続いているとし、正式開通からこれまでの累計通関者数は延べ1300万人超に上ったとのこと。内訳はマカオ居民が18%、香港居民が36%、中国本土居民が38%。また、これまでの単日最多通関者数は春節(旧正月)3日目にあたる2月7日に記録した7.8万人だったという。

  港珠澳大橋は海底トンネルと複数の海上橋などで構成され、接続道路を含む総延長は世界最長の55キロに上る。

港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設から大橋を望む(写真:マカオ治安警察局)

港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設から大橋を望む(写真:マカオ治安警察局)

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載