バンダイナムコの「VR ZONE」がマカオフィッシャーマンズワーフ内にオープン

(2019/12/19 08:55 配信)

観光

 マカオの複合レジャー施設「マカオフィッシャーマンズワーフ」で12月18日、「VR ZONE MACAU」のオープニングセレモニーが開催された。

 「VR ZONE」はバンダイナムコアミューズメントが日本及び海外約30ヶ所サテライト展開するアミューズメントスポットで、VR(バーチャルリアリティ)の技術と体感マシンの技術が融合した次世代のエンターテインメントとして注目を集めている。

 VR ZONE MACAUの面積は約930平米で、オープンと同時に『急滑降体感機 スキーロデオ』『極限度胸試し 高所恐怖SHOW』『極限度胸試し ハネチャリ』『大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー』『ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)』『マリオカート アーケードグランプリ』という子供から大人まで幅広い年齢層が楽しめるVRアクティビティ6タイトルを導入したとのこと。

「VR ZONE MACAU」オープニングセレモニーの様子=2019年12月18日、マカオフィッシャーマンズワーフ(写真:VR ZONE MACAU)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載