マカオで新たに新型コロナウイルス感染者1人確認…累計7人に、すべて武漢からの旅客

(2020/01/28 08:16 配信)

社会・政治

 中国・湖北省武漢市で集中発生している新型コロナウイルスによる肺炎(通称:武漢原因不明肺炎)。世界各地で感染拡大に対する懸念が高まる中、中国本土からのインバウンド旅客が多いマカオでも、初の感染者が確認された1月22日以降、政府が矢継ぎ早に各種防疫対策を打ち出している。

 マカオ政府新型コロナウイルス感染対策センターは1月27日深夜、マカオ域内で新たに1人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。マカオでは22、23日にそれぞれ1人、26日に3人、27日午前に1人が確認されており、感染者は累計7人に。すべてが武漢からの旅客となっている。

 27日深夜に発表された新たな感染者は、武漢出身のリタイア生活を送る女性(67)。22日に武漢から高速鉄道を利用して広州を訪れ、23日に広州からインターシティ鉄道を利用してマカオに隣接する珠海へ到着後、マカオ半島北部にある關閘イミグレーション(通称:ボーダーゲート)からマカオ入り。26日夜に発熱が現れたといい、27日朝に救急車で指定医療機関の仁伯爵綜合醫院(山頂醫院)の特別救急室に搬送された。同日午後に新型コロナウイルス検査の結果が陽性であると判明したもの。目下、患者の容体は安定しているとのこと。

 マカオ政府は防疫体制強化のため27日から武漢市含む湖北省からの入境制限、マカオ滞在中の武漢市含む湖北省からの旅客に対する強制隔離などの踏み込んだ防疫策を実施している。

仁伯爵綜合醫院を視察する賀一誠マカオ行政長官一行=2020年1月25日(写真:GCS)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載