中国、マカオ行き個人旅行許可発給を一時停止へ

(2020/01/28 19:31 配信)

社会・政治

 中国・湖北省武漢市で集中発生している新型コロナウイルスによる肺炎(通称:武漢原因不明肺炎)について、世界各地で感染拡大に対する懸念が高まる中、中国本土からのインバウンド旅客が多いマカオでも、官民の間で各種防疫対策が進んでいる。

 本稿執筆時点(マカオ時間1月28日午後6時40分)のマカオにおける新型コロナウイルス感染確認数は7件で、いずれも武漢からの旅客。

 マカオ政府新型コロナウイルス感染対策センターは1月28日夕方、定例記者会見を開催。張永春行政法務長官が中国中央の関連部門より中国本土からのマカオ行き個人旅行許可の新規発給を一時停止するとの通知を受けたことを明らかにした。中国本土では、すでに海外団体旅行(マカオ含む)の禁止措置が講じられている。

 治安警察局からは、訪マカオ湖北省旅客は今週以降減少傾向にあり、1月22日には2282人だったが、27日はゼロだったことが報告された。また、同局としてマカオに滞在中の武漢市を含む湖北省からの旅客の所在把握に全力を尽くしており、ほぼ手中にあるとした。

 歐陽瑜社会文化長官によれば、28日午後5時現在でマカオに滞在中の武漢市を含む湖北省からの旅客の数は276人で、このうち109人が親族訪問目的の滞在許可で入境したとのこと。すでに基本的な所在情報は掴めているという。なお、旅行や親族訪問などで武漢市を訪れ、現在も滞在していることが判明したマカオ居民の数は25人で、マカオ政府として中国中央とコミュニケーションを図り、速やかにマカオへ戻れるよう働きかけているとした。

 マカオでは27日から武漢市含む湖北省からの入境制限、マカオ滞在中の武漢市含む湖北省からの旅客に対する強制隔離などの措置が講じられている。

マカオと中国本土の間の主要な陸路の玄関口、關閘イミグレーション(写真:マカオ治安警察局)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載