マカオ、春節GW7日間のホテル客室稼働率52.9%…対前年43.8ptの大幅下落=新型コロナウイルスによる旅客減の影響下

(2020/02/01 09:21 配信)

産業・経済

 今年の春節(旧正月)は1月25日。旧暦の大晦日にあたる24日から30日までの7日間が中国本土の連休となり、「春節ゴールデンウィーク(GW)」とされる。

 例年、この時期は観光都市であるマカオにとって年間最大の書き入れ時となるが、今年については新型コロナウイルス(通称:武漢原因不明肺炎)の発生に伴う甚大な影響が生じている。

 マカオ政府旅遊局(MGTO)が2月1日に公表した統計によれば、春節GW7日間のインバウンド旅客数は前年同期から78.3%の大幅減となる26.3万人にとどまった。インバウンド旅客全体に占める中国本土旅客の割合は通常およそ7割を占めるが、今GW期間中は57.2%で、人数ベースでは88.3%減の14.9万人。香港と台湾からの旅客数もそれぞれ66.7%、53.5%減。

 春節GW期間中のマカオにおける宿泊施設(ホテル及び簡易宿泊施設にあたるペンサオン)の提供客室総数は4万1148室で、平均客室稼働率は前年同期から43.8ポイント(pt)の大幅な下落となる52.9%だった。ホテル等級別では、5つ星が42.3pt下落の55.3%、4つ星が46.7pt下落の48.3%、3つ星が46.9pt下落の51.7%など。近年、マカオのホテル客室稼働率は9割前後で推移しており、かつてない落ち込みとなった。

 1泊1室あたりの平均単価は5.8%上昇の2029.7マカオパタカ(日本円換算:約2万7630円)。ホテル等級別では、5つ星が9.4%上昇の2356.0マカオパタカ(約3万2070円)、4つ星が5.3%下落の1514.2マカオパタカ(約2万0610円)、3つ星が2.6%下落の1472.2パタカ(約2万0040円)など。なお、マカオの提供客室総数のうち、5つ星ホテルが約6割を占める。

  本稿執筆時点(マカオ時間2月1日午前9時)のマカオにおける新型コロナウイルス感染確認者数は7人で、いずれも武漢からの旅客。最後の感染確認は27日夜で、以降の新規感染確認はない。近日、マカオでは厳格な防疫対策が相次いで実施されている。

春節ゴールデンウィーク最終日のマカオの観光名所「セナド広場」の様子=2020年1月30日ー本紙撮影

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載