マカオ国際空港、春節5日間の旅客数25%減…新型コロナウイルス流行の影響下=日本路線も2月初旬に一部欠航

(2020/02/02 12:31 配信)

産業・経済

 中国・湖北省武漢市で集中発生している新型コロナウイルスによる肺炎(通称:武漢原因不明肺炎)。世界各地で感染拡大に対する懸念が高まる中、中国本土からのインバウンド旅客が多いマカオでも、官民の間で各種防疫対策が進んでいる。

 中でも、マカオ国際空港の動きは早く、今年(2020年)1月1日から防疫対策を実施。その後、相次いで防疫策が強化されている。

 マカオ国際空港運営会社にあたるCAMが2月1日に発表した内容によれば、春節ホリデーシーズンにあたる1月24日から28日までの旅客数が前年同時期から25%減の延べ11万5676人にとどまったとのこと。その一方で、1月の累計では前年同月から8%増となる延べ83万人超に上った。

 春節ホリデーシーズン前後にかけて、新型コロナウイルスによる肺炎の発生拡大に伴う影響でマカオと中国本土及び台湾との間を結ぶ多くのフライトで欠航が生じている。マカオ航空が就航する日本線路線についても、同社が1月31日付で公表した資料で、2月2日から7日にかけて、マカオと成田、関西の両空港を結ぶフライトの一部を欠航するとした。

 昨年(2019年)のマカオ国際空港の年間旅客数は延べ960万人超で過去最多だった。

防疫対策が強化されたマカオ国際空港旅客ターミナルビル出発フロアの様子=2020年1月(写真:CAM)

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載