マカオのホテル客室稼働率16%にまで落ち込む…新型肺炎流行に伴うカジノ休業やインバウンド旅客減、休業も26軒に

(2020/02/12 18:18 配信)

産業・経済

 中国・湖北省武漢市で集中発生している新型コロナウイルスによる肺炎(新型肺炎)。世界各地で感染拡大に対する懸念が高まる中、中国本土からのインバウンド旅客が多いマカオでも、官民の間で各種防疫対策が進んでいる。

 マカオでは、新型肺炎に対する防疫対策が厳格化された1月後半以降、インバウンド旅客数が急減。2月5日からは防疫対策のさらなる強化でマカオの全カジノ施設が15日間の休業に入った。6日以降、宿泊客数減を理由に一時休業を発表するホテルが相次いでいる。

 2月12日夕方にマカオ政府新型コロナウイルス感染対策センターが開催した記者会見の中で旅遊局が明らかにした内容によれば、同日新たに3軒の2つ星以下のホテルが一時休業したとのこと。これまでに一時休業となったホテルの累計数は3〜5つ星のホテルが8軒、2つ星以下のホテルが18軒の計26軒に上る。参考までに、マカオの昨年末時点のホテル総数は123軒、提供客室総数は3.83万室。

 また、営業を継続しているホテルの客室稼働率は16%にまで落ち込んでいるとした。マカオの昨年通期の平均客室稼働率は前年から0.3ポイント下落の90.8%。年間最大の書き入れ時となる春節ゴールデンウィーク(1月24〜30日)の平均客室稼働率は前年の同じ時期から43.8ポイント下落となる52.9%にとどまり、業界に大きな衝撃を与えたが、以降さらに深刻な落ち込みに見舞われているようだ。

 このほか、コタイ地区にあるポウサダマリーナインファンテ(4つ星)は1月30日から政府が借り上げ、湖北省からの旅客の隔離施設として使われている。

 本稿執筆時点(マカオ時間2月12日午後6時)のマカオにおける新型コロナウイルス感染確認者数は累計10人で、内訳は7人が武漢からの旅客、3人がマカオ人。このうち武漢からの旅客2人が治癒し退院済み。2月5日以降、8日連続で新規感染確認ゼロが続いている。

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影

【資料】一時休業が発表されたマカオの3つ星以上のホテル
・グランド ハーバー ホテル(3つ星)2月6日〜
・フォーシーズンズ ホテル マカオ(5つ星)2月7日〜
・セントレジス マカオ(5つ星)2月7日〜
・コンラッド マカオ(5つ星)2月7日〜
・ソフィテルマカオ アット ポンテ16(5つ星)2月7日〜
・レジェンド パレス ホテル(5つ星)2月9日〜
・ロックス ホテル(3つ星)2月9日〜
・アルティラ マカオ(5つ星)2月10日〜

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載