マカオの人気ショー「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」がリニューアルのため一時休演…2021年1月再開予定

(2020/06/19 10:09 配信)

観光

 マカオ・コタイ地区の大型IR(統合型リゾート)シティ・オブ・ドリームズ・マカオを運営するメルコ・リゾーツ&エンターテイメント社は6月18日、同IR内の専用劇場でロングラン公演中のエンターテイメントショー「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」について、リニューアルのため同日から一時休演し、2021年1月の春節に合わせて再開予定と発表。

 水舞間はメルコ社が約20億香港ドル(日本円換算:約276億円)もの巨費を投じて製作し、シルク・ドゥ・ソレイユ出身の著名演出家のフランコ・ドラゴーヌ氏がプロデュースを手掛けた世界最大規模のウォーターショー。マカオ随一の人気ショーで、2010年の上演開始以来の総観客動員数は延べ約600万人超に達している。

 メルコ社によれば、今回のリニューアルについてもドラゴーヌ氏とのコラボレーションを継続するといい、数多くの新要素と刺激を盛り込み、より一層「見逃せない」作品へ進化するとした。

「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」の劇中シーン(写真:Melco Resorts & Entertainment Limited)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載