マカオカジノ運営大手サンズチャイナが従業員向けの新レスポンシブルゲーミングトレーニング講座を開講…ギャンブル依存対策の一環

(2020/06/22 19:14 配信)

カジノ

 マカオ政府とコンセッションを結ぶカジノ運営事業者6陣営の一角、サンズチャイナは6月22日、マカオの3つのギャンブル依存対策に取り組む社会福祉機構と合弁で新たなレスポンシブルゲーミング(責任あるギャンブル)トレーニング講座を開講し、従業員440人が受講を通じてレスポンシブルゲーミングへの認識を高めたと発表。

 今回、5月12日から6月12日にかけてワンデートレーニング講座を開講し、1クラスあたり約20人の従業員が受講。社会福祉機構のスタッフが講師を務め、ハウスアドバンテージ、ギャンブル依存の症状の理解と疑似体験、カジノフロアに設置されたギャンブル依存対策端末の機能、顧客に対する自己隔離プラン(カジノ入場禁止申請)の申し込みサポートプロセス、個人財産管理などについて、座学やゲーム、ビデオ視聴を通じて学んだとのこと。

 同社では、業界に先駆けて2007年から新たに入社するスタッフ全員に対するレスポンシブルゲーミングトレーニングを実施しており、また一連のレスポンシブルゲーミングトレーニングプログラムを確立することで、マカオの地域コミュニティに対する貢献、企業の社会的責任の履行に務めているとした。

 レスポンシブルゲーミングとは、マカオにおいては政府及び運営事業者等によるギャンブル依存対策をはじめとする社会コストへの対応を意味する。

 サンズチャイナは主に米国、マカオ、シンガポールでカジノIR(統合型リゾート)を運営する米ラスベガスサンズグループ(LVS)の子会社で、マカオ半島でサンズマカオ、コタイ地区でプラザマカオ、サンズコタイセントラル、パリジャンマカオの各IR施設の運営などを手がける。

サンズチャイナが従業員向けに開催したレスポンシブルゲーミングトレーニング講座の様子(写真:Sands China Limited)

カジノ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載