マカオの無形文化財に「ポルトガル式フォークダンス」など55項目追加…合計70項目に

(2020/06/30 18:02 配信)

観光

 マカオ政府文化局(ICM)は6月30日、マカオの無形文化財リストに新規で55項目を追加したことを発表した。リストの追加は2017年9月以来のこと。これによって、マカオの無形文化財は合計70項目となった。

 新たにリスト入りした55項目は、芸術表現・パフォーマンス(例:ポルトガル式フォークダンス、ライオンダンスなど5項目)、社会・宗教的実践及び儀式・祭事(春節、ドラゴンボートレース、北帝誕など30項目)、自然界・宇宙の認知・実践関連(太極拳など3項目)、伝統手工芸技能(神香製作工芸、エッグタルト製作技術、アーモンドクッキー製作技術、ソース醸造技術など17項目)と広いジャンルに及ぶ。

 ICMでは、無形文化財に関する調査とリストの更新を継続し、マカオの貴重な無形文化財を保護、伝承していくとしている。

マカオの無形文化財リストに新規登録された「ポルトガル式フォークダンス」(写真:ICM)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載