マカオ行政長官「経済の適度な多元化が政府の目標」…コロナ禍でカジノ産業への過度な依存が浮き彫りに

(2020/08/17 09:33 配信)

産業・経済

 マカオ特別行政区の賀一誠(ホー・ヤッシン)行政長官は8月16日、訪問先の北京で中国国家発展改革委員会の何立峰主任との会議に臨んだ。

 賀長官は会談において、この度のコロナ禍によってマカオの単一産業への依存の弊害が顕著に現れたとし、経済の適度な多元化による発展を目指すことを決心し、これを目標とする考えを示したとのこと。ここでいう単一産業とはカジノ産業を指す。賀氏は7月に開催されたマカオ特別行政区経済発展委員会2020年全体会議でもカジノ産業への過度な依存からの脱却を図るとしていた。

 何主任は国家発展改革委員会としてマカオ経済の適度な多元化という目標を高く評価しており、各プロジェクトの実践的な推進、(広東省)珠海市とマカオの協力による横琴新区の共同開発事業をより良いものとし、マカオの長期的な発展余地を広げるため、新たな原動力を注入すると応えたという。

訪問先の北京で中国国家発展改革委員会の何立峰主任との会議に臨む賀一誠マカオ特別行政区行政長官=2020年8月16日、北京(写真:GCS)

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載