今秋開催のマカオGP、海外から参戦のドライバーとチームスタッフにマカオ到着後14日間の隔離検疫求める

(2020/09/13 11:00 配信)

社会・政治

 毎年11月に開催されているモータースポーツの祭典「マカオグランプリ(マカオGP)」。主催のマカオ政府体育局とマカオグランプリ組織委員会が9月11日に記者会見し、第67回大会を11月19日から22日にかけて開催すると発表した。

 ただし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行が続く中、フォーミュラ3(F3)をフォーミュラ4(F4)で代替するなど看板レースに大幅な変更もあり、例年のような規模にはならない見通しだ。

 マカオでは、現在も厳格な新型コロナ防疫対策が講じられている。目下、中国本土、香港、台湾旅客については新型コロナウイルス核酸検査(PCR検査)陰性証明書の提示やマカオ到着後14日間の医学観察(隔離検疫)を受けるといった諸条件を設けた上で入境を認めているが、外国人旅客については入境禁止となっている。

 マカオ政府体育局は9月12日、前日発表した海外から参戦するドライバー及び随行チームスタッフに対する防疫措置の適用について社会的関心が寄せられたことを踏まえ、より具体的な補足説明資料を公表した。

 まず、海外から参戦するドライバー及び随行チームスタッフはマカオの防疫措置を遵守することが必須であるとした。具体的には、マカオ行きの交通機関を利用するにあたっては出発前に現地当局認可検査機関による新型コロナ核酸検査で結果が陰性であり、その証明書の取得すること、マカオ到着後はイミグレーション施設から医学観察施設(マカオ政府指定のホテル)へ直接移動し、そこで14日間の隔離検疫を受けること、隔離検疫期間中に新型コロナ感染が確認されなければ出場が認められ、会期中もマカオ衛生当局が定めた防疫ガイドラインを遵守することを挙げた。

 また、第67回大会に参戦を予定しているドライバーの数は約200人と見込んでおり、このうち大半が中国本土、アジア地区、香港、マカオからであるとし、海外あるいはヨーロッパからのドライバーは主に「マカオモーターサイクルグランプリ」への参戦で、全体に占める割合は極めて小さく、ドライバーと随行チームメンバーの数も必要最小限に抑えることを求めるとした。

 体育局では、大会の安全運営のため、すでに複数のバックアップ計画を準備しているとし、新型コロナ流行状況を注視しながら、衛生当局によるガイドラインに沿って、大会の防疫措置を適宜調整していくとのこと。

マカオグランプリのイメージ(写真:マカオ政府体育局/マカオグランプリ組織委員会)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載