マカオ政府、紙幣発券銀行との契約を10年間延長…中国銀行と大西洋銀行の民間2行

(2020/10/10 09:27 配信)

産業・経済

 マカオの法定通貨、マカオパタカの紙幣は全券種を中国系の中国銀行とポルトガル系の大西洋銀行の民間2行がマカオ特別行政区政府との代理契約に基づき発行している。

 マカオ金融管理局は10月9日、同日、政府と発券銀行2行の間の代理契約期間が満了するのに伴い、新たに向こう10年間の契約を締結したと発表。従来契約の延長にあたり、新たな契約期間は2030年10月15日まで。政府は両行それぞれに等分の紙幣発行権を付与し、両行は関連法の規定に従って発行した紙幣と同等の法定外貨準備を用意する必要がある。

 マカオパタカ紙幣の券種は10、20、50、100、500、1000マカオパタカ(日本円換算:約133円、266円、663円、1330円、6630円、1万3300円)の6種あり、両行がそれぞれ独自デザインの紙幣を発行している。このほか、記念紙幣の発行も両行が担っている。香港でも民間銀行が紙幣を発行するが(ただし、10香港ドル紙幣のみ政府が直接発行)、世界的に見て珍しい例となっている。

紙幣発行代理契約締結式の様子。左から順に中国銀行代表者、マカオ政府代表者(経済財政庁李偉農長官)、大西洋銀行代表者=2020年10月9日(写真:マカオ金融管理局)

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載