マカオ衛生局、ベトナム製の鼻炎治療薬1商品の回収を指示…微生物限度超えを理由に

(2020/10/27 19:53 配信)

その他

 マカオ政府衛生局(SSM)は10月27日、マカオ市場に流通する薬品に対する通常サンプリング検査の結果、ベトナムの製薬会社Vacopharm Pharmaceutical Joint-Stock Companyが生産した鼻炎薬「Witt Cestasin Capsules(維特鼻靈)」について、微生物限度が薬局方基準を超えたことがわかったとし、輸入業者に対して回収を指示したと発表。

 輸入業者がSSMに提供した資料によれば、当該商品はマカオの薬局に供給されているという。SSMでは、輸入業者及び卸売業者に対して商品の回収を要求済みとし、すでに購入した場合は薬局の薬剤師に相談し、処理の手配を受けるよう呼びかけた。

マカオ政府衛生局が回収を指示したベトナム製の鼻炎治療薬(写真:SSM)

その他

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載