マカオグランプリ初日のインバウンド旅客数が2.8万人に…9ヶ月来の単日最多記録

(2020/11/21 16:45 配信)

産業・経済

 マカオでは今年(2020年)1月下旬以降、新型コロナウイスル感染症防疫対策の一環として厳格な水際措置が講じられたことを受け、インバウンド旅客数が激減。

 7月中旬から9月下旬にかけて中国本土との往来制限は段階的に緩和され、現在では中国本土旅客が隔離検疫なしでマカオへ旅行することが可能な状況だ。とはいえ、観光ビザにあたる渡航許可の発給を受けることに加え、新型コロナウイルス核酸検査の陰性証明を取得するといった諸条件をクリアする必要があり、手続きの煩雑さなどから旅客数の戻りは緩やかなものとなっている。

 マカオ政府旅遊局は11月21日、同月20日のインバウンド旅客数が2.8万人超に上り、9ヶ月来の単日最多を記録したと発表。同日は第67回マカオグランプリの初日にあたる。

 旅遊局では、11月にはマカオグランプリやマカオフードフェスティバルといった大型イベントが控えることから、11月初旬からマカオが安全な観光デスティネーションであることをプロモートするキャンペーンを展開中。12月以降のホリデーシーズンに向け、今後もよりプロモーションの多元化と強化を図ることで、中国本土からのインバウンド旅客を呼び込み、マカオの観光業界の回復を図りたい意向を示した。

 なお、マカオグランプリ組織委員会の発表によれば、大会初日の入場者数は約7000人だったとのこと。

 マカオにおける新型コロナの流行状況は落ち着いており、域内における新型コロナウイルス新規感染確認は約4ヶ月間、輸入関連性症例に限ると実に約8ヶ月にわたってゼロが続いている。

第67回マカオグランプリ2日目の観客席(レザボアスタンド)の様子=2020年11月21日本紙撮影

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載