マカオの公共路線バス9路線、大晦日に終発繰り下げへ…コロナ禍で例年より路線数少なく

(2020/12/29 16:16 配信)

観光

 マカオ政府交通事務局(DSAT)は12月29日、大晦日の深夜から元日未明にかけて市民の新年祝賀目的外出の利便を図るため、公共路線バスの終発時刻の繰り下げを行うと発表。

 同局によれば、公共路線バス9路線で、最終バスの始発バス停の出発時刻を1日午前1時に繰り下げるとした。例年は約40路線が終発繰り下げの対象となり、終夜運転する深夜バスの増発や大型車両の投入も行われるが、コロナ禍で防疫対策を理由に政府主催のカウントダウンイベントや花火大会が中止となったことを受け、今年は規模が小さくなったものとみられる。

 詳しい情報は、マカオ政府交通事務局(DSAT)公式ウェブサイト内のバス情報ページ(http://www.dsat.gov.mo/bus)で確認することができる。

 マカオの面積は東京の山手線の内側のおよそ半分にあたる約32平方キロ、人口は約68万人という小さな地域だが、公共路線バスの路線数は深夜バスも含めておよそ80あり、網の目のような路線ネットワークが形成されている。

新型コロナ防疫措置の一環としてマスク着用が必須化されているマカオの公共路線バス(資料)=2020年2月、關閘バスターミナル(写真:DSAT)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載