マカオカジノIR運営ウィンマカオが2020年通期の業績発表…コロナ禍で赤字に転落

(2021/04/01 09:34 配信)

カジノ

 マカオでウィンマカオ(マカオ半島新口岸地区)及びウィンパレス(コタイ地区)の両カジノIR(統合型リゾート)施設を運営するウィンマカオ社は3月31日、昨年通期(2020年1〜12月)の業績を発表。

 同社の昨年通期の営業収入は前年比79%減の76.1億香港ドル(日本円換算:約1084億円)にとどまった。カジノ収入は82%減の55.4億香港ドル(約789億円)。非カジノ収入についても61%減の20.7億香港ドル(約295億円)で、このうちホテル客室収入は70%減の6.62香港ドル(約94億円)。株主に帰属する純利益は前年の50.57億香港ドル(約720億円)の黒字から72.17億香港ドル(約1028億円)の赤字に転落した。

 同社では、業績発表にあたって昨年1月から新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴う各種防疫措置に渡航制限等の影響を挙げ、未曾有の状況の中、グループの事業と従業員の福利厚生を守ることを重視し、同年は大規模プロジェクトへの資本支出を延期せざるを得なかったが、今後も市場の状況と情勢を注視しながら、安定した段階で再開する予定とした。

大型カジノIR「ウィンパレス」(資料)=マカオ・コタイ地区、2020年5月本紙撮影

カジノ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載