マカオの観光クルーズ船が新路線開設…世界遺産・媽閣廟前とコロアン島のコロアンヴィレッジ結ぶ

(2021/07/02 11:21 配信)

観光

 海の上からマカオを望む新たな観光アトラクションとして2018年12月に登場した「マカオクルーズ(澳門海上遊)」。

 これまで、タイパ島・北安地区にあるタイパフェリーターミナルとコロアン島・コロアンヴィレッジにあるコロアンピア、マカオ半島のマカオフィッシャーマンズワーフとコロアンピアを結ぶ2路線体制だったが、新たに世界遺産・媽閣廟前の媽閣ピアとコロアンピアを結ぶ新路線が7月1日から開設された。

 マカオクルーズを運営するシュンタック・チャイナトラベル・シップマネジメント社の発表によれば、媽閣ピアとコロアンピアを結ぶ新ルートは毎週木曜日から日曜日までの運航で、運航本数は1日6往復とのこと。所要時間は約25分。料金は片道1人あたり60マカオパタカ(日本円換算:約840円)。

「マカオクルーズ」の船体イメージ(写真:Shun Tak-China Travel Ship Management Limited)


「マカオクルーズ」が運航する3路線のイメージ(写真:Shun Tak-China Travel Ship Management Limited)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載