マカオのテーマパーク型複合リゾート「リスボエタ」が7月17日に一部先行オープン

(2021/07/14 18:44 配信)

観光

 マカオ・コタイ地区のテーマパーク型複合リゾート施設「リスボエタ(澳門葡京人)」がいよいよ7月17日に一部先行オープンする。

 リスボエタは古き良きマカオの街のイメージを再現した「レトロスペクティブゾーン」とモダンな「フューチャリックゾーン」から成り、宿泊、飲食、ショッピング、アトラクションが一堂に会する施設。

 7月17日にオープンするのは「リスボエタナイトマーケット」(毎週木〜日曜の午後5〜10時)、広東省・香港・マカオ最大規模というインドアスカイダイビングアトラクション「GoAirborne」(毎週木〜日曜の午後2〜10時)、アジア太平洋地区初の都市型ジップラインアトラクション「マカオジップライン」(毎週木〜日曜の午後2〜10時)及び一部の小売店、飲食店とのこと。(*カッコ内は暫定的なオープン時間)

 なお、リスボエタホテルは未開業ながら、すでに域外マカオ入境者のための隔離検疫用「オプショナル医学観察ホテル」として使用されている。

インドアスカイダイビングアトラクション「GoAirborne」のイメージ(写真:Lisboeta Macau)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載