マカオの公共路線バス利用者数がコロナ前水準の約9割まで回復

(2021/07/21 15:11 配信)

産業・経済

 マカオでは比較的早期に新型コロナの封じ込めに成功し、すでに約480日にわたって市中感染確認ゼロを維持している。

 市民生活はニューノーマル下ではあるものの落ち着いており、昨年第4四半期以降は、マカオ同様に流行状況が落ち着いている中国本土との間で一定の条件を満たせば隔離検疫免除での往来も可能となったことで、インバウンド旅客も戻りつつある。

 7月20日に開催された今年度(2021年)の第1回マカオ政府交通諮問委員会の中で、政府交通事務局の林衍新局長から今年上半期(1〜6月)の公共路線バスの運営状況が報告された。

 今年上半期の1日あたり平均利用者数は延べ54.5万人で、新型コロナの影響が生じる前にあたる2019年の89%まで回復したとのこと。

 今後、マカオと広東省珠海市を結ぶ新しいイミグレーション施設「青茂口岸」(マカオ半島北西部)の運用開始を見据えて、同施設へアクセス可能な路線を16(うち深夜バス4路線)まで増やし、利便性を向上させる考えを示した。

 マカオの主な公共交通機関は公共路線バスで、その路線数は深夜バスも含めて80以上あり、網の目のような路線ネットワークが形成されている。新型コロナ防疫措置の一環として、バス利用時のマスク着用が必須となっている。

新型コロナ防疫措置の一環としてマスク着用が必須化されているマカオの公共路線バス(資料)=2020年2月、關閘バスターミナル(写真:DSAT)

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載