マカオのIR「グランドリスボアパレス」がオープニングセレモニー開催…投資額約5500億円

(2021/07/31 11:44 配信)

観光

 マカオ・コタイ地区でSJMリゾーツ社が開発が進めてきた新IR施設(統合型リゾート)グランドリスボアパレス(澳門上葡京綜合度假村)が7月30日正午(現地時間)に部分開業。同社幹部らの立会いの下、伝統的なオープニングセレモニーが開催された。

 同社によれば、同IRへの累計投資額は約390億香港ドル(日本円換算:約5500億円)に上るとのこと。

 同IRでは、マカオで数百年にわたって続く中国と西洋の文化の見事な融合を体現することをコンセプトとして掲げている。

 今回部分開業するのは、リゾート名を冠した旗艦ホテル「グランドリスボアパレスホテル」(1350室)の一部、複数の料飲施設、ウェルネス・レジャー施設の一部、イベントベニューなど。

 このほか、世界初となるカール・ラガーフェルド氏設計のホテル、アジア初のヴェルサーチデザインのホテル、ショッピングアーケード、レジャー施設などについても、年内に順次オープン予定とした。

グランドリスボアパレスのオープニングセレモニーの様子=2021年7月30日(写真:SJM Resorts)


イベントベニューとして利用できるグランドリスボアパレスの庭園(写真:SJM Resorts)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載