人民解放軍マカオ駐留部隊、軍営を一般公開

(2012/05/02 16:42 配信)

社会・政治

中国人民解放軍が昨日(5月1日)、マカオ駐留部隊のタイパ軍営を一般公開。約1500人の地元市民が見学に訪れた。

約1時間に渡って行進や特殊部隊による演習など、日ごろの訓練の様子を披露。その後、軍営内の兵舎、軍史館、軍用車両、武器・装備などの施設を公開。また、軍属シェフによる炊事に関する展示、書道講座、ホールでは演芸が披露されるなど、エンタテインメント性の高い内容に。

軍営の公開は毎年5月1日に実施され、市民に人気のイベントの1つ。今年も事前に用意された1,500枚の入場整理券を求めて長い行列となった。なお、入場整理券を受け取れるのはマカオ居民IDカード保有者のみ、1人3枚まで。

【解説】
中国人民解放軍マカオ駐留部隊(中國人民解放軍駐澳門部隊)は1999年4月12日に成立。中央軍事委員会の命を受け、1999年12月20日12時に珠海市拱北から陸路マカオへ進駐。マカオ基本法及び駐軍法に基づき、マカオの防衛を主な任務とし、マカオの長期的繁栄と発展に積極的に貢献することを目的としている。

人民解放軍駐マカオ部隊の駐屯地(資料写真)=2012年、マカオ・タイパ島—本紙撮影

人民解放軍駐マカオ部隊の駐屯地(資料写真)=2012年、マカオ・タイパ島—本紙撮影

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載