マカオ、10月25日から学校再開へ…約1ヶ月ぶり

(2021/10/21 12:31 配信)

社会・政治

 マカオ政府教育・青年発展局は10月21日午前、同月25日からの学校再開を発表した。

 マカオでは、新型コロナ市中感染確認例の出現を受け、防疫措置の一環として9月25日から休校措置が講じられていた。その後、一旦は10月4日から再開するとしていたが、当日朝に新たな市中感染確認例が出現したため、急きょ再開延期に。今回、約1ヶ月ぶりの再開となる。休校期間中は、オンライン形式のリモート授業などで学習機会が提供されてきた。

 マカオでは、20日まで11日連続市中感染確認例ゼロを維持している。直近の患者は隔離検疫期間中に感染確認されたもので、市中で発見された事案に限ると、すでに潜伏期間とされる14日以上前となる。9月下旬、10月上旬には全市民対象、今週には重点区域の住民を対象としたPCR検査が実施され、いずれも結果は全員陽性だった。落ち着いた状況が続く中、水際措置及び域内における防疫措置についても段階的に緩和され、正常化が進んでいる。

 なお、マカオの学校は新型コロナ流行初期にあたる昨年1月下旬から5月初旬にかけても長期休校となっていた。

マカオで10月初旬に実施された全市民を対象としたPCR検査のイメージ(写真:GCS)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載