マカオ政観日本支局が2021年末で閉局に…四半世紀の歴史に幕、コロナ禍余波

(2021/12/29 13:19 配信)

澳日関係

 マカオ政府観光局の日本支局が2021年12月末日をもって閉局することがわかった。

 すでに日本の旅行業界及びメディア関係者に通知が送付されているとのこと。1997年の開設以来、四半世紀に及ぶ歴史にまもなく幕が下りることになる。

 日本支局が発出した通知によれば、2020年初頭以降、新型コロナの世界的流行が持続する中、丸2年間にわたって支局の本来の使命であるプロモーション・送客活動が全くできず、今後も困難な現状の収拾が予測不能な状況にあるとの判断から閉局の決定がなされたとのこと。

新型コロナの影響でインバウンド旅客が激減したマカオ。写真は観光名所、世界遺産・聖ポール天主堂跡(資料)=2020年7月5日本紙撮影

澳日関係

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載