マカオLRT、車輌量産段階へ

(2013/08/08 14:26 配信)

その他

マカオ新交通システム(以下、マカオLRT)プロジェクトを管轄するマカオ運輸基建辦公室は8月7日、マカオLRT向けの車輌について、日本の工場で量産段階に入ったことを発表。製造を担当する三菱重工では、すでに部品やの発注を終え、生産ラインも完成しているという。

なお、量産車輌は試作車から若干の設計変更を行っており、より耐用性を高め、バリアフリーを考慮したものとなっている。

マカオLRTは日本・東京の「ゆりかもめ」と同じクリスタルムーバー型車輌が導入される。1列車あたり2輌編成で、最大4輌まで増設可能。1輌あたりのサイズは全長約11.8メートル、幅約2.8メートル、高さ3.8メートル。座席数は22、定員は100名以上としている。

耐久性向上のためステンレス製シートに仕様を変更

耐久性向上のためステンレス製シートに仕様を変更 (c) 運輸基建辨公室

その他

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載