マカオの公立総合病院でコロナ患者を想定した外科手術の予行演習実施

(2022/05/07 12:56 配信)

社会・政治

 マカオでは、2020年初頭の新型コロナの流行開始以来、厳格な水際措置による流入防止と域内における各種防疫対策が講じられており、これまでのところ安定した状況を維持している。

 しかしながら、最近では中国本土や香港において深刻な再流行が出現したことを受けて政府が危機対策プランを策定し、万が一に対する備えを進めている状況。

 危機対策プランでは、すべての新型コロナ患者に対する外科手術及びその他の必要な医療サービス(人工透析、分娩、化学療法、救命救急)を公立総合病院「仁伯爵綜合醫院(通称:山頂醫院)」で実施することが定められている。

 マカオ政府衛生局(SSM)は5月6日、新型コロナ患者に対する外科手術は手順が複雑であり、かつ感染リスクも高いとし、同院で2件の予行演習を実施したことを明らかにした。

 具体的には、腸閉塞の診断を受けた患者に対する全身麻酔による手術と、帝王切開による分娩手術を想定したものとのこと。いずれも、特に気道への挿管、抜管時の処置が複雑で、手術に携わる医療スタッフの感染リスクが高い手術だが、慣熟度及び作業効率の向上、感染リスクの低減を目指した目的を達成し、順調に終えることができたという。

 SSMでは、患者と医療スタッフ双方の命と安全を守るため、今後も継続的に各種演習を実施し、備えを進めていくとした。

予行演習において気道挿管手順を確認する様子(写真:SSM)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載