マカオ、2022年2Qのモバイル決済件数が6857万件に…1Qから7.6%増、キャッシュレス決済への移行進む

(2022/08/08 11:03 配信)

産業・経済

 マカオ政府金融管理局は8月8日、今年第2四半期(2022年4〜6月期)のクレジットカードとモバイル決済に関する統計を公表。

 今年第1四半期との比較で、マカオの銀行が発行した個人向けクレジットカード及びデビットカードの発行枚数はいずれも増、決済総額はクレジットカードとデビットカードでは減少したが、モバイル決済については取引件数、取引額とも増加を維持した。

 今年6月末時点におけるマカオの銀行が発行した個人向けクレジットカードの総数は166万2136枚で、今年第1四半期から3.5%増、同デビットカードの総数は202万1381枚で、1.9%増。

 今年6月末時点におけるマカオの銀行が承認したクレジットカードの与信総額は今年3月末から1.7%増の478億パタカ(日本円換算:約7944億円)。カード債券総額は23億パタカ(約382億円)で、このうち支払い先送り分が未収債券の36.5%にあたる8億4000万パタカ(約140億円)。支払い予定日から3ヶ月以上の未収金比率は今年3月末から0.4ポイント上昇の2.9%。

 今年第2四半期のマカオ発行クレジットカードの決済総額は今年第1四半期から7.6%減の51億パタカ(約848億円)。このうち、キャッシングが1.4億パタカ(約23億円)で、決済総額の2.8%を占めた。決済件数は3.9%減の843万件。このほか、利息及び手数料を含む返済総額は6.5%減となる54億パタカ(約897億円)。現金引き出しを除くデビットカードの決済件数は16.4%減の35万件、決済総額は22.1%減となる6億9000万パタカ(約115億円)。

 今年第2四半期のモバイル決済の取引件数は今年第1四半期から7.6%増の6857万件、決済総額は7.6%増の64億パタカ(約1064億円)で、平均決済額は92.9パタカ(約1544円)。今年6月末時点のモバイル決済受理端末及び二次元バーコード付きサイネージの数は0.7%増の約9万3000台。

 参考までに、マカオの人口は約68万人。マカオ政府は昨年、新型コロナ経済支援対策の一環として、市民のモバイル決済プラットフォームアカウントに電子マネーを配布する初の試みを実施。今年も6月から同様のスキームが再実施されている。コロナ禍でオンラインショッピングやモバイルアプリを活用したフードデリバリーの利用も進んでいる状況で、現金決済からキャッシュレス決済の移行が急速に進んでいる印象。

マカオにおける電子消費給付を使ったQRコード決済のイメージ(写真:マカオ政府経済・科技発展局/金融管理局)

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載