マカオのカジノIR施設で労災事故…アトラクション点検作業中の男性1人死亡

(2022/08/11 16:14 配信)

社会・政治

 マカオ・コタイ地区にあるカジノIR(統合型リゾート)施設「ウィンパレス」で8月11日午前7時頃、アトラクションの点検作業中だったフィリピン国籍の男性(51)が死亡する労災事故が発生。

 マカオ政府労工事務局及び司法警察局の発表を総合すると、事故が発生したのは回転・昇降式の花の彫刻のアトラクションの底部(地下フロア)に設けられたバックヤード部で、電動昇降台の定期点検作業が行われているところだった。

 死亡者は地下2階の機器底部でパーツ故障の有無を検査中で、地下1階にいた同僚に機械を回転させるようトランシーバーで呼びかけた後に反応が途絶え、同僚が確認に向かったところ、底部の梁の部分にぶら下がった状態で発見されたという。

 司法警察局は初歩調査結果として、機械が回転した際、ギアチェーンに頭部が挟まったことに起因する事故との見方を示した。

事故現場の状況を確認するマカオ政府労工事務局の職員(写真:マカオ政府労工事務局)


事故現場の状況を確認するマカオ政府労工事務局の職員(写真:マカオ政府労工事務局)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載