マカオ金融管理局、基準金利を3.50%に引き上げ

(2022/09/22 10:20 配信)

産業・経済

 マカオ金融管理局(AMCM)は9月22日午前、政策金利にあたる基準金利を75ベーシスポイント引き上げ、3.50%としたことを発表。

 今回の基準金利引き上げは、米国連邦準備理事会(FRB)が米国時間9月21日に0.75%の利上げを決めたことによる。短期金利の指標とされるフェデラルファンド金利の誘導目標は3.0〜3.25%に。

 香港ドルは米ドルとベッグ制(固定相場制)を採用しており、香港金融管理局が香港時間の22日朝に基準金利を75ベーシスポイント引き上げることを発表。マカオ金融管理局では、マカオパタカは香港ドルとのペッグ制を採用していることから、両地の基準金利が一致することが必須であるとして、香港に追随したと説明している。

 マカオの基準金利引き上げは年内5回目で、前回は今年7月28日。直近3回はいずれも0.75%の大幅利上げとなっている。

マカオ金融管理局ビル(資料)=2020年7月本紙撮影

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載