香港衛生当局による定例新型コロナ情勢会見が終了へ…ゼロコロナ実現の可能性ほぼなし

(2022/09/24 18:56 配信)

珠江デルタ

 人口約730万人の香港では、昨年(2021年)12月末から新型コロナウイルス感染症の流行「第5波」が続く。

 香港衛生当局は9月24日夕方の定例会見で発表した内容によれば、同月23日の新規感染確認数は5190人で、このうち市中が5038人だったとのこと。新規死亡報告数は7人。

 第5波開始以来の累計感染確認数は約172万8972人、死亡者数は9893人に上った。

 香港衛生防護センターは会見の中で、市中における流行は徐々に落ち着いてきたとし、翌日(25日)から毎日夕方に開催してきた定例新型コロナ情勢会見を終了し、プレスリリースで毎日の新規感染確認数を伝える方式に変更することが明らかにされた。

 香港衛生防護センター感染症処の張竹君主任は、香港におけるゼロコロナ(新型コロナ感染者ゼロ)実現の可能性は世界で感染者ゼロとなる場合を除いてほぼなく、ウィズコロナ状態にあるのではないかとの見方を示した上、市民に対して2年超にわたる協力と忍耐への感謝とともに、今後も防疫措置遵守を継続いただき、できるだけ早く普段の日常を取り戻せるよう願っているとコメントした。

 また、清風として各種防疫措置に関するレビューを絶えず行い、余地があれば緩和を考慮するとの考えを示し、目下のところ単日の新規感染確認数は減少傾向にあるが、どこまで減少するか、あるいは再度のリバウンドがあるかは予想困難とした。

 香港政府は前日、海外または台湾から香港国際空港への到着者に対する入境時隔離検疫の撤廃(9月26日午前6時から適用)を発表したばかり。

 一方、同じく中国の特別行政区であるマカオは中国本土に倣ってゼロコロナ政策を堅持しており、香港とマカオの対応の違いが際立つかたちとなっている。

香港の町並み(資料)—本紙撮影

香港の町並み(資料)—本紙撮影

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載