マカオカジノIR運営大手サンズチャイナが地元学生向け奨学金寄付16年連続実施…累計約2.4億円、約1600人が受給

(2022/09/27 17:03 配信)

カジノ

 マカオでヴェネチアンマカオ、サンズマカオなど複数の大型カジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナは9月27日、マカオの7つの高等教育機関に通う地元学生を対象とした奨学金、フェローシップとして108万マカオパタカ(日本円換算:約1928万円)を寄付したと発表。

 今回の奨学金、フェローシップの受給対象者は108名で、各教育機関が過去1年間の成績及び経済状況などを勘案した上で選定するとのこと。

 サンズチャイナの王英偉(ウィルフレッド・ウォン)社長(写真中央)は9月16日に開催した小切手授与セレモニーにおいて、同社として多くの地元高等教育機関に奨学金を寄付することで、地元の高等教育の発展に寄与できることをを嬉しく思うとし、今年度の寄付を通じて地元の人材育成に貢献し、あらゆる産業へより多くの優秀な人材を送り出したいとコメント。

 同社は2006年から16年連続で奨学金の寄付を続けており、これまでの寄付総額は1350万マカオパタカ(約2億4095万円)、受給者は約1600人に上るとした。

サンズチャイナから地元高等教育機関への小切手授与セレモニーの様子=2022年9月16日(写真:Sands China Limited)

カジノ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載