マカオ歴史市街地区でトレイ・レースが2年ぶり開催…「世界観光の日」恒例イベント

(2022/09/28 09:29 配信)

観光

 世界観光機関(UNWTO)は毎年9月27日を「世界観光の日(ワールドツーリズムデー)」としている。今年はコロナ禍を受けて「観光の再考」をテーマとし、世界各地で関連イベントが開催された。

 マカオでも、同日午後にかけてユネスコ世界文化遺産リストに登録された建築物と広場が数多く集まるマカオ半島中心部の歴史市街地区で「トレイ・レース」など、政府旅遊局(MGTO)主催の各種イベントが開催された。トレイ・レースは毎年恒例開催されているイベントだが、昨年の同時期はゼロコロナ政策を採るマカオで複数の市中感染例が出現したことによる防疫上の理由で中止となり、2年ぶりに「復活」した。

 トレイ・レースとは、配膳用のトレイに「マカオビール」の瓶を載せ、聖ポール天主堂跡からセナド広場までの間を駆け抜けるもので、ビール瓶を倒さずに早くゴールした者が勝ち。コスチューム賞も用意されており、今年初めて「国潮(中国風トレンド)服」がテーマとされた。

 今年のレースは24のホテルやレストラン等に所属する131人が参加。居合わせた市民や観光客らが声援を送った。

トレイ・レースのスタート直後の様子=2022年9月27日、世界遺産・聖ポール天主堂跡前(写真:MGTO)

 マカオでは新型コロナ流行初期から厳格な水際措置を講じており、インバウンド旅客数の低迷が続いているが、中国本土との間に限って条件付きで隔離検疫免除での相互往来が実現している。マカオ及び中国本土における流行状況により波はあるが、このところは少しずつ旅客が戻りつつある状況。

 なお、トレイレースの出場にあたって、48時間以内の新型コロナワクチンの少なくとも2回の接種完了、新型PCR検査陰性証明の提示、検温、マスクの着用が求められるなど、衛生当局が定めた防疫ガイドラインに沿って行われた。

トレイ・レースのゴール付近の様子=2022年9月27日、世界遺産・セナド広場(写真:MGTO)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載