卓球WTTチャンピオンズマカオ大会1回戦…石川佳純がチャン・リリーに完勝、張本智和は連覇ならず

(2022/10/20 20:52 配信)

澳日関係

 目下、マカオの塔石体育館で卓球の「WTTチャンピオンズ マカオ 2022 presented by Galaxy Entertainment Group」が開催中。

 2日目のきょう(10月20日)、前日に続いて男子及び女子シングルスの1回戦の各8試合、計16試合が行われ、日本代表は男子の張本智和選手(IMG)と女子の石川佳純選手(全農)がイブニングセッションに出場。

 世界ランク4位の張本智和選手は同34位で世界卓球2019シングルス銀メダリストのファルク選手(スウェーデン)に1-3で敗れ、大会連覇が絶たれた。第1ゲームからファルク選手ペースで試合が進み、試合後のインタビューではメンタル面を課題に挙げた。

試合後のインタビュー取材に応じる石川佳純選手=2022年10月20日、マカオ・塔石体育館にて本紙撮影

 世界ランク9位の石川佳純選手は米国のエースで同34位のチャン・リリーにストレート勝ち。終始主導権を握り、圧倒的なパフォーマンスをみせた。試合後、世界卓球に出場せず試合間隔が空いたが、3-0で勝ちたいと思い、その通りになったと満足そうに語った。

 当大会参加の日本代表選手はすべて1回戦を終え、2回戦進出を決めたのは石川選手のほか、前日勝利した木原美悠選手(JOCエリートアカデミー/星槎)と伊藤美誠選手(スターツ)の女子3選手に。

 2回戦は明日(21日)行われ、木原選手と伊藤選手が日本勢同士、石川選手はメシュレフ選手(エジプト)と対戦する。

試合後にインタビュー取材を受ける張本智和選手=2022年10月20日、マカオ・塔石体育館にて本紙撮影

澳日関係

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載