2022年マカオのカジノ売上に占めるVIPルームの割合は24%…下落傾向続く

(2023/01/18 18:33 配信)

カジノ

 かつてマカオのカジノ売上の大半がVIPルームによるものだったが、近年はマス(平場)シフトが顕著となっている。

 新型コロナウイルス感染症の影響が生じた2020年2月以降もVIPルームの占める割合は縮小が続き、2021年末には大手仲介業者(ジャンケットプロモーター)「サンシティ」トップの逮捕を発端としたジャンケット系VIPルームの大量閉鎖もあった。

 このほどマカオのゲーミング(カジノ等ギャンブル)規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した昨年第4四半期(2022年10〜12月)のゲーミング統計によれば、VIPルームによるカジノ売上を反映するVIPバカラ売上は前年同期比55.8%減の21.67億パタカ(日本円換算:約347億円)で、全体に占める割合は4.8ポイント下落の20.9%にとどまった。

 昨年通期のVIPバカラ売上は101.49億パタカ(約1624億円)で、全体に占める割合は前年から8.7ポイント下落の24.1%に。5割未満となるのは4年連続。

 マカオのカジノ市場はコロナ禍で長期低迷を余儀なくされたが、昨年12月からウィズコロナに移行し、今年1月8日にはPCR検査証明なしでの入境が可能となったことを受けて急回復している。ただし、昨年カジノ関連法の改正が相次ぎ、ジャンケットに対する規制も大幅に強化され、経営環境は厳しさを増しており、ライセンス事業者数は9年連続で減少した。

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の夜景(資料)=2020年7月本紙撮影

カジノ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載