マカオ、カジノ仲介サンシティ創業者に禁錮18年の判決…巨額の民事賠償も

(2023/01/18 20:14 配信)

カジノ

 マカオ初級法院(第一審裁判所)は1月18日、カジノ仲介業(ジャンケットプロモーター)サンシティグループ(太陽城集団)創業者のアルビン・チャウ被告に対して禁錮18年の実刑判決を言い渡した。

 同被告は2021年11月末に逮捕された後、計289の罪で起訴されたが、初級法院は犯罪シンジケート設立、許可施設内における違法賭博経営、違法賭博経営、詐欺、詐欺未遂に絡む162の罪を認定。刑期は犯罪シンジケート設立罪の12年など合計24年のところ、併合して18年とされた。

 同日、初級法院は本件に関連してチャウ被告以外の20人にも判決を言い渡している。

 このほか、初級法院は民事についてもチャウ被告ら7人が連帯するかたちでマカオ政府に約65.2億パタカ(日本円換算:約1045億円)、カジノ運営企業5社に1.78億〜7.7億パタカ(約29億〜123億円)の支払いを命じた。

アルビン・チャウ氏(資料)=2019年7月本紙撮影

カジノ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載