關閘横に新ボーダーゲート建設へ

(2012/05/22 17:49 配信)

珠江デルタ

マカオ特別行政区政府の崔行政長官が15日、拱北・關閘ルートの混雑緩和を目的にマカオと広東省珠海市の間に新たなボーダーゲートを建設する方向で調整中と述べた。その後、マカオ及び広東省政府内に部門横断型のプロジェクトチームが発足し、実現に向けた具体化準備をスタートしている。

22日、マカオ政府運輸工務司司長辦公室が初期プランを明らかにした。新ボーダーゲートの建設候補地は拱北・關閘ボーダーゲートの西南約800mの鴨涌河上。拱北・關閘ボーダーの付属施設と位置付けられ、歩行者専用を想定。初期設計計画では一に当たりの通行料を20~25万人と想定し、現在過密状態にある拱北・關閘ルートの混雑緩和を狙う。また、これに関連してマカオ側、珠海側の両方で再開発を行い、親水公園の建設などが計画されている。

新ボーダーゲートでは1か所で両地の出入境手続きを行う「両地一検」や「単辺験放」、また24時間通関などの新しいモデルの導入も検討されている。また、珠海側で広珠城軌(広州・珠海間都市間高速鉄道)拱北駅、マカオ側でLRTとの連絡をスムーズにするなど、交通機関との連携も計画プランに盛り込まれる。

今年中の着工、2014年までの運用開始を目指すという。

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載