団体旅行客数大幅増、ホテル稼働率好調維持―13年9月

(2013/11/14 13:39 配信)

産業・経済

マカオ政府統計調査局は11月14日、今年(2013年)9月の団体旅行客及びホテル客室稼働率統計を発表。同月マカオを訪れた団体ツアー客はのべ944,188人で対前年26.0%増、ホテル客室稼働率は同1.8ポイント上昇の82.7%だった。今年1-9月の累計団体旅行客数は前年同期比12.8%増の7,413,696人。

9月にマカオを訪れた団体ツアー客のべ944,188人の主な出発地別内訳は下記の通り。
・中国本土:759,272人 41.1%増(うち広東省:272,532人)
・台湾:56,789人 18.8%減
・香港:35,650人 7.4%増
・韓国:35,610人 1.5%増
・日本:11,503人 47.2%減

昨年から韓国からの団体旅行者数が好調を維持している一方、日本は47.2%減と、前月から若干改善しつつも、前年割れが続いている。

マカオ全体で98軒のホテル(バジェットホテル含む、以下同)が今年9月末時点で提供する客室数は27,807室となり、対前年6.7%増。うち、5つ星ホテルの客室は18,373室で、全体に占める割合は66.1%。

2013年9月のホテル(バジェットホテル含む)の宿泊人数はのべ862,470人で、対前年10.3%増。うち5つ星ホテルの宿泊者が14.2%増の503,784人となった。平均滞在日数は前年同月と変わらずの1.3泊。前年同月と比較してホテル客室供給数が増加しているものの、ホテル(バジェットホテル含む)の客室稼働率は1.8ポイント上昇の82.7%に。うち4つ星ホテルに限ると85.8%と平均を上回る。今年1-9月のホテル宿泊人数はのべ7,992,647人で前年同期比13.9%増、ホテル客室の平均稼働率は81.9%で同1.2ポイント下落。

また、今年1-9月にホテルへ宿泊したゲスト数は宿泊を伴う旅客総数の70.2%を占め、前年比5.4ポイントの増。

2012年から2013年初頭にかけ相次いで開業したサンズコタイセントラル内のホテル(資料)―本誌撮影

2012年から2013年初頭にかけ相次いで開業したサンズコタイセントラル内のホテル(資料)―本誌撮影

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載