広珠都市間鉄道、来月開通

(2012/11/23 18:19 配信)

珠江デルタ

広州(広州南)と珠海市の拱北を結ぶ広珠都市間鉄道(廣珠城軌)が来月にも全線開通する見通しであることを、マカオの有力日刊紙「澳門日報」が23日付紙面で伝えた。当初計画より約2年遅れでの全線開通となる。

広珠都市間鉄道はすでに広州南駅と珠海北駅の区間で部分開通済み。珠海北駅は珠海市の中心部でマカオへの玄関口に位置する拱北から遠く、早期全線開通が期待されていた。

広州南から珠海までの所要時間は各駅停車型で約80分、速達型で60分程度となる見通し。高速運転可能な中国版新幹線「和諧号」タイプの車輌が運用される。運賃は初期計画では同区間の二等車で45元と設定されているが、現時点で正式発表はまだ。広州南駅は広州市内中心部から離れた立地だが、地下鉄及び路線バスが開通済みで、20分から60分程度でアクセス可能。これまで広州と珠海の間の主な移動手段は高速バスで、120分から150分を要した。

交通アクセスの改善により、すでにキャパシティが限界に近い拱北―關閘ルートのイミグレーションがさらに混雑する懸念も伝えられている。

広珠都市間鉄道は今後、拱北から横琴新区を経由して珠海空港までの延伸も計画されている。

中国版新幹線「和諧号」(写真はイメージ)―本紙撮影

中国版新幹線「和諧号」(写真はイメージ)―本紙撮影

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載