大阪・松井知事のカジノ誘致構想報道へのマカオの反応

(2014/01/23 21:12 配信)

澳日関係

1月22日に外電で報じられた大阪府・松井一郎知事のインタビュー記事について、マカオメディアでも盛んに報じられた。日本では現時点で法制化が実現しておらず、マカオ企業の名前が出なかったことから、静観する見方が多かった。

1月23日付地元有力紙「澳門日報」は外電の引用を元に、MGMチャイナの親会社にあたるMGMリゾート・インターナショナル、シーザース、ゲンティン等が5,000億円規模の複合型カジノリゾートを大阪に建設する見込みと報じた。同紙では、日本では正式にカジノ合法化が実現していないことから、現時点では脅威とはならないとの見方を示している。また、MGMリゾート・インターナショナル傘下でマカオ部門にあたるMGMチャイナの関わりについては未知数とした。

澳日関係

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載