マカオLRT列車量産段階へ

(2014/04/20 10:42 配信)

産業・経済

マカオ政府運輸インフラ事務所は4月20日、日本の三菱重工が広島県の工場で製造しているマカオLRT(澳門輕軌)向け列車について、すでに量産段階に入っており、軌道上での試運転、性能試験を行っていると発表した。

最初に量産を予定している110輌のうち、すでに60両が完成しているという。今後、順次軌道上での各種試験や耐久性テストなどを進めていくという。

マカオLRTは2015年4月の開業を予定しており、マカオでも軌道の敷設などの工事が急ピッチで進められている。

軌道上で試験を行うマカオLRT列車(写真:運輸基建辦公室)

軌道上で試験を行うマカオLRT列車(写真:運輸基建辦公室)

軌道上で試験を行うマカオLRT列車(写真:運輸基建辦公室)

軌道上で試験を行うマカオLRT列車(写真:運輸基建辦公室)

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載