マカオレジェンド14年第1季決算、売上8.1%増

(2014/05/17 14:07 配信)

産業・経済

マカオフィッシャーマンズワーフやランドマークマカオを傘下に持つレジャー大手のマカオレジェンド社(澳門勵駿)は4月29日、2014年第1季の決算を発表。売上は4.61億香港ドル(日本円換算:約60億円)で、昨年同期比8.1%増となった。

このうち、ゲーミング売上は6.3%増の3.28億香港ドル、ノンゲーミング売上が12.9%増の1.33億香港ドルだった。グループの調整後EBITDAは5.7%増の2.28億香港ドル。フィッシャーマンズワーフ及び未割当全社費用を除く調整後EBITDAは12.6%増の2.43億香港ドルで、ランドマークホテルによる安定的内部成長を表している。

ゲーミングテーブルによる売上は16%増の24.56億香港ドル。うち、ファラオズパレスカジノのマスゲーミング(平場)テーブルが3.7%増の4.53億香港ドル、VIPテーブルが19.5%増の19.35億香港ドル、バビロンカジノのマスゲーミングテーブルが12.7%増の6,840万香港ドル。各テーブルの1日平均ネットウィンについては、ファラオズカジノのマスゲーミングテーブルが7.4%増の8.7万香港ドル、VIPテーブルが10.8%増の30.7万香港ドル。

同社のデービット・チャオCEOによると、マカオランドマークホテルは客室のリノベーションを今年1月に終え、第1季の稼働率は93%を記録したという。また、今年8月にもフィッシャーマンズワーフ内にプラハ・ハーバービュー・ホテルの開業を予定しているとした。

フィッシャーマンズ内に建設中のプラハ・ハーバービュー・ホテル(資料)―本紙撮影

フィッシャーマンズ内に建設中のプラハ・ハーバービュー・ホテル(資料)―本紙撮影

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載